こどもの日

桜の花も散ってしまい、スギ花粉もおさまり、今日は連休最終日のこどもの日です。
特にこどもの日には思い入れはないですが、昔は中央競馬がこの日は開催出来なかったんですよね。いつからか5月5日が土曜・日曜に重なっても中央競馬が開催されるようになりましたが、NHKマイルカップが始まったくらいかな。。。もう昔過ぎて忘れた。

新卒採用も3月1日から始まって、2か月が過ぎました。
相変わらず、今年も文系学生の応募が多いかな。仙台のIT企業で文系採用をこんなに積極的に行ってるのはここくらいじゃないのかな。あとは人材派遣会社くらいですかね。
どこの会社さんも理系で情報系の学生が欲しいと思いますが、文系から応募してくる学生さんは、理系の方々に勝てるような何かがあれば採用に近づくと考えています。
プログラム経験はなくても、ある程度は準備してきてもらえるといい印象ですね。

連休が今日で終われば、明日からまた仕事が再開されます。
弊社は5月が年度の切り替えなので、5月6日からは新年度として設立16年目を迎え、益々社員全員が成長できる年度にしたいと思います。
この会社は若い社員たちが特に頑張ってくれていますが、ベテラン組も負けないように、今年度は個人個人の技術や知識の向上を目指して、目標を達成する1年度にしたいと考えています

就職戦線異状なし

自分が高校生くらいの時代はバブル経済といわれ、好景気で新卒採用の超売り手市場という時代があり、そのあと「就職戦線異状なし」という映画が公開され、「就職活動ってこんな希望に満ち溢れているのか」といずれ来るであろう就職活動を楽しみにしながら大学に進学したのですが、その間、バブル崩壊後の影響もあり、自分が就職活動をする頃は、第二次ベビーブームと不景気な世の中が重なり、就職氷河期時代となっていました。

そんな中、自分はIT業界に就職しました。当時はまだIT業界もそんなに大きな規模ではなかったのと、比較的IT業界に進む人も少なかったという助けもあり、何とか就職を決めることができましたが、今となってはITは必要不可欠な業種として、学生の方々からも人気の業種・職種となっていると思います。大学に入学した時点で、プログラマーやシステムエンジニアを目指していなかった人も、大学で学んでいくうちにそういった職業に就きたいと方向転換した方も多いと思います。

以前の、IT系は「きつい」、「残業多い」などの時代とはすっかり変わり、残業もほとんどないですし、休日出勤もないですし、On/Offがしっかり切り替えられるので、すっかり違う業種になってしまった感覚です。

3月から2022年度の新卒採用が解禁になり、毎日のように朝から晩まで会社訪問が埋まっている状況です。応募いただいた方々も順次一次試験を受けていただいており、一次試験結果や履歴書を見ながら検討を開始した段階です。

採用については、毎年学生さんたちが真剣に挑んでくるので、自分も1年中採用のことを考え、「1次試験で受けていただくSPIはどのようなものか、自分が受けていた時代と違うのか」、「面接での質問内容は他社さんではどのようなものがあるか」、「履歴書の見方や抑えるべきポイントはどこか」などなど勉強し、いつになっても採用は難しいのですが、学生さんに失礼のないように挑むように心がけています。

現在のところ、たくさんの応募をいただき、ありがとうございます。
一人でも多くの学生・生徒さんを採用したいと試行錯誤しながら検討しています。
会社の経営バランスがあり、皆さん採用することができないため、結果として非常に心苦しいのですが採用を見送らせていただく方もおります。そこはご理解いただければと思います。

会社訪問も引き続き行っていますが、1次試験を通過された方は、徐々に面接を実施させていただきます。面接でお会いできることを楽しみにしております。

2021年度入社式

本日から新年度が始まり、弊社でも3名の新しい仲間を迎え入れることができました。

去年の同時期、コロナ禍という中で採用活動を行い、IT系はコロナ禍でも大きな影響を受けない業種ということもあり、優秀な人材を3名獲得することができました。
通常は内定式、内定者懇親会、入社式という順番に社員が勢揃いして盛大に実施する予定でしたが、本日の入社式も参加人数を制限し、コロナウイルス対策を万全に行った中で、簡単にですが行うことができました。

新卒採用を開始した2017年以降、着実に新卒採用を行い5年目の入社式を迎えました。
毎年仲間が増え、社員のレベルも向上し、会社も成長しています。
創立から16年目を迎えますが、引き続き業務規模を拡大させつつ、社員みんなで楽しい盤石な会社を作り続けていければと思います。